2018年10月「ビジネス図書館」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◇特集:『不良売掛金の早期回収法』
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

回収に決め手はないと言われますが、それは根本的な原因が売り手と買い手の力関係にあることによるからです。従って完全回収の前提条件として、まず企業の販売力を高め、それを販売条件に反映させていくことが必要です。
しかし、 販売条件を有利に整えても決め手になるわけではありません。 最終的には、がん対策と同じく、早期発見早期治療ということになります。

会社にとって営業部は、最前線です。得意先を担当し、外部情報を的確に キャッチするアンテナとしての機能を果たさなければなりません。 この営業部の持っている情報の活用は、信用管理のもとでは極めて重要な課題になるのです。

今回は年末に向かって、早期の売掛金回収について特集します。

1.回収遅延を追放する売掛金管理法
・売掛金管理のポイント
・得意先管理カード
・得意先別売掛金管理グラフ

2.売掛債権の焦げ付き防止マニュアル
・黄信号 (回収が遅れ怪しくなってきた段階)
  支払猶予の仕方、請求と督促状、時効と債権保全
・赤信号 (いよいよ焦げ付きそうになってきた段階)
  売掛金の相殺と借金化、売掛金の手形化とジャンプ
・事故寸前 (もはや危ないというぎりぎりの段階)
  引き伸ばし作戦への対応、取引停止と引き上げ、仮差押と取立委任

---
■『現代に生きる「戦後武将のリーターシップ」』

目覚ましい発展を遂げた日本の経済成長の原動力は、戦国時代の武士道リーダー
シップにあります。多くの面で先行き不透明である中、彼ラブ小説の統率と実践
と振り返ることは、 大きな意味があるでしょう。
また、名称等の残した数々の言葉は、経営者のみならず上を目指すビジネスマンに
とって値千金と思われるものも数多くあります。
折に触れてそれらの金言を味わい、真の意味での経営の指針として活用してください 。

・上杉謙信「人は心に私欲がない時は筋道を間違わない」「鎧は胸の内にあり」
・織田信長「敵の情けを知って興り、味方の情けを知らず亡ぶ」
・豊臣秀吉「貧しき者は幸いなり」「命に逆らって君を利す」




編集:株式会社データエージェント